• Warning: file_get_contents(https://www.shec.jp/index-block/schedule-base/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/tkomidorikai/tokyomidori.jp/public_html/wp-content/themes/midori_temp/header-shec_disease.php on line 58

Warning: file_get_contents(https://www.shec.jp/index-block/navi/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/tkomidorikai/tokyomidori.jp/public_html/wp-content/themes/midori_temp/single-shec_disease.php on line 10
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

仮性近視の疾患

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
新宿東口眼科医院では点眼による治療をおこなっております。
ミドリンM という筋肉の緊張をほぐす点眼を就寝前に行います。

仮性近視とは

仮性近視
仮性近視は偽近視、学校近視とも呼ばれます。
初期の近視の中にこの状態の方が含まれております。
人間の眼の中には毛様体というピントを合わせるための筋肉があります。
近くを見るときは緊張して縮まり、遠くを見るときは緩みます。
近くの作業を多くすると、この筋肉が過度に緊張して、遠くを見ようとしてもゆるまなくなります。この状態が調節緊張、仮性近視という状態です。
(ただし、この状態が長く続くと、仮性ではなく本当の近視になることがあります。)
これは成長する子どもの目の生理的変化によるもので、病的な要因によるものではありませんが、遺伝や近業(目の近くで行う作業)の多い環境の影響があるといわれています。

単純近視 近視の度数が比較的軽く、メガネによる 矯正で良好な視力がでます。
学校近視の大部分を占めます。主な原因として、近見作業などの環境要素や遺伝要素が影響して起こると考えられています。
病的近視 幼児期から近視が始まることが一般的で、眼底に異常があり、眼軸が長く、近視も強いため、メガネによる矯正で良い視力がでません。
※『病的近視』は非常にまれで、お子さんの近視のほとんどは『単純近視』ですので心配はありません。

生活チェック

□よく目を細めている □テレビ・パソコンに近づいて見ている
□目つきが悪くなった □「目が痛い、目が疲れた」と言う
□見えにくい様子がある □学習などに根気がなくあきっぽい
□よく転んだり、つまづいたりする □視力が0.9以下
□集中力がない、落ち着きがない □以前より視力低下が進んだ

仮性近視の検査方法

1.裸眼(メガネなし)の視力を測定 
2.機械による他覚的な屈折力(近視や遠視、乱視の度数)を測定
3.自覚的な矯正視力(近視や遠視・乱視のメガネをかけて見やすくなるか)の測定
4.仮性近視や調節緊張による近視や遠視なのかを検査するために「雲霧法」や「目薬による検査」「両眼視簡易検査器(ワック)」を必要に応じておこないます。

雲霧法

わざとピントが合わないようにしたメガネを20分位かけて、調節ができない状態から検査をしていく方法です。仮性近視や調節緊張の判断をする目安になります。

目薬を使った検査

調節を麻痺させる目薬を点眼し、完全に調節力をなくした状態で近視や遠視・乱視の度数を調べる検査です。

両眼視簡易検査器(ワック)

美しいカラー立体風景を5分間見るだけで、遠くの景色を長時間見つめるのと同じ効果が得られます。

仮性近視の予防

  • ゲームの時間を1日30分以内にする。
  • テレビは3メートル以上離れて見る様にする。
  • 勉強の時など本を読むときには30センチ離して読むようにする。

仮性近視の治療方法

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

点眼治療

ミドリンM という筋肉の緊張をほぐす点眼を就寝前に行います。点眼後30分から1時間で毛様体筋の緊張は完全に取れ、その状態が5~6時間続きます。この点眼をすると、瞳も広がり見づらくなりますが、翌朝には元に戻ります。毎日繰り返すことで、緊張しっぱなしにならない毛様体筋をつくります。
薬剤名 画像 説明
ミドリンM ミドリンM 副交感神経支配の筋肉に働いて目の緊張を緩和し、瞳孔を大きくしたり、ピントを調節する筋肉を休ませたりする作用があります。
通常、虹彩炎などの目の中の炎症の治療や、ピント調節の改善に用います。眼底検査や屈折検査などにも用います。

関連疾患

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
429 Too Many Requests

429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ

眼の病気について


Warning: file_get_contents(https://www.shec.jp/index-block/221-2/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/tkomidorikai/tokyomidori.jp/public_html/wp-content/themes/midori_temp/sidebar-shec_disease.php on line 14